一時サポートしていた“鬼志快晴”“輝星天結”は、
それぞれ独立してうらじゃに参加し続けています。
そちらも応援よろしくお願いします。

2007年08月18日

従業員の皆様、全員強制参加♪

当日レポートの前にもうひとネタ。




今年のチームシモデンの市役所筋パレード、

最後尾に二十数人の幟(のぼり)の持ち手が並んで華を添えました。

で、その持ち手、会社から強制参加を命じられた従業員さん達だったんです。




「企業連は出たくない人を無理やり参加させて簡単に人数集めるからずるい」とか、

「祭りってのは出たい人だけが出て、出たくない人まで出すべきじゃない」とか、

過去には耳にしたことがあります。

「なるほど、そりゃそうかも」って納得して聞いていたけど、

よく考えたら自分自身が無理やり引っ張り出された口でした。(笑)

そんな自分が今じゃ踊り連を立ち上げて踊り子発掘までしてるし。

出たくない人が化けた実例♪(笑)




それに、「簡単に」っていうけど、

本気で出たくない(笑)従業員さん達にうらじゃにでてもらうのって

そんな簡単じゃないんですよ。。。。。。。。

チームシモデンでも過去5年間シモデングループ全体に呼びかけているけど、

従業員最多参加年でも30人いるかいないかですから。

シモデングループって総従業員数60名ぐらいなのかよ。(笑)



今年はウチの会社が「45周年だから何かしよう♪」って話になって、

その45周年会議で「そんなら全員でうらじゃに出ましょう♪」って言ったら、

「え〜っ、そんなの無理!!」

珍しく出席者全員一致♪(笑)


昨年から「来年は何人かうらじゃに出ましょう」って話はしてたんだけど、

みんな「自分だけは出たくない。」と1年間思い続けていたはずで、

まったく予想通りの反応。

「じゃ、全員参加じゃなくて全員強制参加にしましょう♪」

もちろん返ってくるのは やりたくない理由のオンパレード♪(笑)


「展示場を閉めないといけないから、来てくれるお客様に失礼だ!」

そりゃそうかもしれないけど、社員研修で休業する店なんていくらでもあるのに。

自分が子供のころ、家族で外食に行ったときの話。

営業してるはずの店が閉まってて、入口に張り紙が。

「臨時休業 みんなで旅行を楽しんできま〜す」みたいな内容だったかな?

子供ながらに「なんかこういうの、いいな♪」って思ったもんでした。

だから、「本日は少し早く閉店しました。お祭りに参加してま〜す♪」でいいんです。

・・・・って話は会議ではしなかったけど。


「日曜日で公休の人もいるのに、会社にそんなことを強制する権利はない!」

「休みの日に出勤させるなら給料出るんでしょうね!?」


自分の会社ながら悲しすぎる。(涙)

こんな発言をしている人こそ祭りで心を磨いてもらわないと。

「45周年の事業として街づくり・人づくりの事業に街づくり・人づくりのために参加させていただくのだからボランティアだし、祭りを通していろんなことを学ばせていただくのだから研修ですよ。お金云々なんて話じゃないと思うんですけど。。。。。。。」

休日や早朝に街の清掃活動してるボランティアの人達が

給料を請求してるなんて話は聞いたことないもんなぁ。


「もちろん優先しないといけない仕事もあるだろうし、健康上の理由で参加できない人もいるだろうから実際には『全員強制』なんてできないのはわかってます。でもそこをあえて『全員』って言わないとみんな自分だけはなんとか逃げようとするし、『強制』って言われたほうが逆にあきらめがついて開き直りやすいかなと思って。で、『全員強制』って言葉を使うんですよ♪」

もちろんこれだけのやり取りでは簡単に納得してもらえなかったけど、

なんとか45周年会議のメンバーにはあきらめてもらえました。(笑)




でも、ここからがまた大変。

早速、月曜の朝礼でみんなに報告。

「・・・・・全員強制・・・・・。」

朝礼のときはご静聴いただけましたけど、やっぱり後から聞こえてくる批判の言葉。

当たり前か。(笑)


で、毎週月曜の朝礼ごとに見えない批判者に対して説得、説得、説得。

「シモデンという地場の企業として、岡山を盛り上げる存在でありたいですよね♪」

「いつまでもシモデングループのひとつの会社という気持ちでなくて、我々がシモデングループを引っ張っていくぐらいの気持ちになりましょう!今回もシモデングループを代表して出るぐらいの気構えで臨みましょう♪」

「うらじゃを通してもっと岡山の人や街に関心を持って、もっともっと岡山の人や街を好きになりましょう♪」

「仕事って自分のやりたいことだけやっていたらいけないですよね?自分のやりたくないことでもお客さんに喜んでもらえることならやりましょう♪」

「絶対に『嫌々参加させられているんだ』とか『出てやってんだぞ』って顔で参加しないでください。喜んでもらうためなんだから、ぎこちなくても笑顔を忘れないように♪」

高知よさこいでの岡山やうらじゃの評判の高さも話したし、

昨年の公式DVDの映像も観てもらいました。

夜もみんな仕事があって、揃って踊りの練習する時間ないっていうから幟を持って左右にステップするだけにしたり。

そんな状況だから、なるべくみんなの負担を減らすために夜中に一人でみんなのハチマキを切ったり。(ほんとはみんなで作ったほうが良かったかな。笑)


ほんとエネルギー要りますよね、出たくない人に出てもらうのって。

出たくない人が半分以上とかって話ならまだしも、

ほぼ全員が出たくないんですから。(笑)

出たい人だけで出るほうが楽だし楽しいですよね。

でも意味があると思うから、簡単じゃないけど頑張ってます♪


しかも簡単に人を集めるどころか、

チームシモデンは一般の方々に支えられて今年もなんとか参加できました。

だから、よその企業連さん観てると「すごいな〜」と思います。

年配の方も積極的に盛り上がっているし。

羨ましい♪




で、またもや「出たい人だけ出ればいい」って話。

個人的に祭りを“でかく”したいと思ってるんで、

そのためにもっともっと観客動員数を増やしたいと思っています、勝手に。(笑)

で、観客動員数を増やすためには踊り子を増やせばいいんじゃないか、と。

「踊りには興味ないけど知り合いが出てるんなら観てみるか」って思いますよね?

だから、とりあえず出たくない人でも引っ張り込んでしまえばいいかな?

それで引っ張り出された人もはまればラッキーだし♪

で、そうやって増えた踊り子と観客がまた別の人を呼んで・・・・・

ネズミ算式♪



それに、「出たくない」っていう人のなかには、

「恥ずかしいから」「踊りに自信ないから」っていう人もいます。

こういう人達って出ちゃダメですかねぇ?

実は、自分自身が人前で踊ったりしない人でした。

町内の盆踊りとかでも。

で、結局、自分自身が変身してしまったもんだから、

同じような人間を変身させてあげたいんです。

だから総踊りでは自分が踊ることより観客さんを躍らせることのほうが楽しみ♪

うらじゃ音頭だけでなくて、

うらじゃ原曲でも「横・下・横・上・こんにちは♪」って叫んでるし。

出たい人だけで楽しむんじゃなくて、

出たくない人の気を変わらせてみんなで踊りましょうよ♪

うらじゃにはそれができるだけの楽しさがあると思いませんか?



それに、うらじゃって「街づくり・人づくり」の祭りですよね。

だから、「踊りに興味がなくっても参加すればいいんじゃないかな〜」と思います。

踊りに目覚める必要もないと思います。

「岡山にもこんなに熱い人がこんなにいるんだ!?」って気付くだけでもいいんです。

ほんのもう少しでも街や人のことを好きになってもらえたら嬉しいじゃないですか。


こんなクソ暑いなか踊ってる人もいれば、こんなクソ暑いなか観に来てる人もいる。

どっちもクソ暑いなか日が暮れて総踊りが始まるまでよくいるよな〜。

しかも最後は一緒に踊ってやんの。(笑)

で、「ありがとう」だって。

ちょろっと一緒に踊っただけなのに。

しかも凄く嬉しそうで、凄く楽しそうで。

あんたら私服が汗でぐちょになっとるで。

なんじゃ、こいつら。

こんな岡山、知らんかった。


観てるだけじゃわからない面ってありますよね。

総踊りに入ると見える面もあるし。

総踊りに教えてもらう側で入るのと教える側で入るのとでも違うし。

説明聞くより体験しないとわからないこともあるし。

「とりあえず参加してみ♪」の精神です。




そんなこんなでいろいろあったけど、

今年のチームシモデン従業員全員強制研修ボランティア参加部隊には

幟の持ち手で出てもらいました。

でも、パレード前に集まってメイクをするみんなの顔はちょっとだけ楽しそうでした♪

香川の高松営業所からも駆けつけてくれたんですよ♪


市役所筋パレードに全くといっていいほど練習もせずに参加させていただき、

うらじゃのほんの何分の1しか体験してないので得たものも少なかったかなとは思います。

「思ったより良かった」という人もいれば

「思ったほどじゃなかった」「なんてことなかった」という人もいたと思います。

まぁそれは個人個人の取り組み姿勢や気構えにもよりますよね。

でも、「45周年にこんなことをみんなでやれたんだから」と思えば、

きっと50周年に向けての足掛かりにはなるんじゃないかと思います。

45周年の取り組みはちょっと中途半端だったけど、

2年後、3年後、5年後と違う何かでレベルアップしていけばいいんです。

とりあえず今回はみんなそれなりに楽しめたそうです。

ありがとう、うらじゃ♪
(観客のみなさんの笑顔も含めて)




今年は45周年事業として全員強制参加にしたけど、

来年は理由付けがなくなるので『全員強制参加』はしません。

自主的に参加してくれる人が現れるのを期待するだけです。

たぶんいないだろな。(笑)


でもあの幟部隊は個人的に気に入ったから来年もやりたいなぁ〜♪

来年の幟の持ち手を探さなきゃ、20人くらい。(笑)


今年の幟部隊を観て、

「あれくらいならできる♪」と思ってくれた観客さんがいてくれないかな〜。

それを一番期待してるんですけど。(笑)

posted by チームシモデン at 01:08| 岡山 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 07年うらじゃに向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この夏シモデンに参加できたことは、とてもうれしいことです。強制でなくても、参加したいです。ひとつのチームを作り上げるのは大変なんですね。軽はずみさんの思いをつづったブログ、みなさんに読んでもらえるといいですね。私は今後も読み続けますよ。
Posted by ほりかわひろあき at 2007年08月19日 16:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51757702

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。