一時サポートしていた“鬼志快晴”“輝星天結”は、
それぞれ独立してうらじゃに参加し続けています。
そちらも応援よろしくお願いします。

2010年09月01日

2010年事後報告 第一話

みなさん、1年1ヶ月ぶりのゴム長です。
いや、ご無沙汰です。

今年もうらじゃ、ありがとうございました。
今年はすっかり手抜きでブログ更新もしてなかったら
みなさんから怒られまして。。。。。

事後報告でもしないと許していただけんかな、と。




今年は大変お忙しいのがわかっていたので
募集活動も全然力入れてませんでした。

特に変わったことを考える余裕もなく、
「今年は昨年の繰り返しでいっか。」
なんて横着考えてました、実は。

忙しくてうらじゃをあきらめてた人達のための踊り連なんで
忙しいことを理由に活動休止するわけにいかないという。
るんるん与作は墓穴を掘る〜、へいへいほ〜


原曲・基本踊りの基本は崩さず、
振付けアレンジはアレンジチームに丸投げして、
衣装も例年の使いまわしでいいし、
募集活動しなくても十分人数はいるし、
ま、なんとかなるか。

あ、練習・・・・できるんかいな。

そんなこと考えてた春先でした。



とりあえずシモデングループの若手に
「そろそろ世代交代」などと適当に理由付けして
引っ張り出すことに成功。
「これで練習もなんとかなるかな?」



そんなこんなで今年もなんとかなるかなと思ってたら、
昨年、街角演舞場だけ参加してくれたダンススクールの人達が
「今年もお願いしまするんるん
って話になって、
以前お世話になった振付けの先生からも
「韓国の学生が20人ほど踊りに来るので、よかったら預かってくれませんか?」
って話になって、
「ブログ観たんですけど・・・・」
ってメールが京都から届いたり、
あっという間に総勢120人になっちまいました。
(昨年は70人くらいだったかな?)

今年もやってくれるぜ、うらじゃの神様。




まぁ、70人だろうが120人だろうが、
特になにかやることが変わるわけでもないんです。
特にチームシモデン流でやってる限りは。

ただ、祭りのルールのほうが年々厳しくなっていて、
パレードや街角演舞場に人数制限がある昨今。
オスマン昨今。。。。。。

やむを得ず75人と50人の2連体制にすることに。
しかし、それでも75人のほうは全員で演舞できる街角演舞場は下石井公園のみ。
辛いルールですよねぇ、ちびっこの多い連には。



こうしてチームシモデン設立8年目にして初のWエントリーとなりました。
めでたし、めでたし。

って、まだ終わってない。



従来のメンバー+京都からの参加者は昨年まで名前を使っていた『チームシモデン流♪鬼志快晴(きしかいせい)』でエントリー。
振付けの先生から紹介いただいた、ダンススクール(シャイニー・スターズ)と韓国から来日する学生をくっつけて『チームシモデン流♪輝星天結(きしょうてんけつ)』でエントリー。

『鬼志快晴』は基本踊りチームとアレンジ岡山チーム、アレンジ水島チームの3部構成。
衣装や振付けはそれぞれに丸投げ。
『輝星天結』はシャイニースターズが基本踊りの終盤アレンジ踊りで、韓国チームは・・・・どんな衣装で来るのやら、どの程度踊れるのやら、どの程度日本語話せるのやら、まるで謎。。。。。。



思いとは裏腹に勝手にもりあがって拡大成長してしまった2010チームシモデン流♪
練習の間はそれぞれが思い思いにやりすごせるものの、
本番は2連の運営をどうすんだ、代表!

オレかよ。。。。。。


つづく(たぶん)
【関連する記事】
posted by チームシモデン at 23:22| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 10年うらじゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161256866

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。